マイナスイオンをたっぷり浴びて癒されよう
庄内滝めぐりコース

鳥海山の周辺にある滝を鑑賞して、さらに温泉でリラックス

1日

マイナスイオン+温泉で癒しの旅を満喫してみませんか?鳥海山山麓には大小たくさんの滝があります。コースの途中で温泉で一休みし、さらに滝をめぐります。

遊佐町で最も有名な湧水の名所
25mの落差 新緑、紅葉の時期がおすすめ
山形県随一の高さ63m!
御瀧神社の裏手にある落差約15mの滝。
八森自然公園で遊んだ後は温泉へ
大小12の滝で構成される滝

スタート

酒田駅から車で45分

1
胴腹滝
遊佐町で最も有名な湧水の名所

鳥海山の伏流水が山腹から湧き出ている様子が身体の「どうっぱら」という例えで胴腹滝と呼ばれています。
2カ所から噴き出しているのですが、右と左の味が違うと言われています。
そのため、この水を汲んでいる人の中には右の水を汲む人、左の水を汲む人、半分ずつ混ぜる人など好みで別れます。
山深く雪も多いのですが、冬でも凍ることがなく、年中水汲みの人が絶えません。

車で10分

2
二ノ滝
25mの落差 新緑、紅葉の時期がおすすめ

駐車場から遊歩道を下って行くと一ノ滝に到着します。
滝つぼに降りる道はありませんが、途中まで降りられる階段があります。
一ノ滝から先は渓流沿いに遊歩道がついているので、渓流や木々、山野草を楽しみながら歩きます。
30分ほどで二ノ滝に到着です。
二ノ滝は落差25メートルの滝です。
2条に分かれて落ちる滝は均整がとれた美しい滝で、雪解けの時季は膨大な水量により迫力のある滝に姿を変えます。
二ノ滝の上流に続く登山道沿いにも間ノ滝、三ノ滝など多くの滝や渓谷を楽しめます。

車で1時間

3
玉簾の滝
山形県随一の高さ63m!

およそ1,200年前、弘法大師が神のお告げにより発見し、命名したとされる山形県随一の高さ63m、幅5mの直瀑です。
かつては山岳宗教の修験場であり、滝の前には「御嶽神社」が祀られています。駐車場からは遊歩道も整備されており、徒歩約10分で滝に着きます。
また、周辺には、杉の大木があり、マイナスイオンがあふれていることからパワースポットとしても人気です。
1999年からはライトアップ(4/28〜5/5、8/11〜18)も実施され、日中とは違う幽玄な世界を見ることができます。
1月中旬から2月上旬の寒さが厳しい季節には、氷瀑を見ることもできます。

車で15分

4
不動の滝(開運出世の滝)
御瀧神社の裏手にある落差約15mの滝。

御瀧神社の裏手に回ると見ることができる、落差約15mの滝です。
別名『開運出世の滝』とも呼ばれています。
せり出した岩肌を分岐しながら落ちていくのが印象的。

県道366号を玉簾の滝に向かう途中、町内下黒川、不動沢橋手前に「御瀧神社」の看板があります。

産直どんでん畑より徒歩で約3分です。

車で15分

5
八森温泉ゆりんこ
八森自然公園で遊んだ後は温泉へ

舞鶴公園、八森自然公園に隣接する日帰り温泉施設。
浴室には、寝湯やバイブラバス、ジェットバス、サウナ、露天風呂があり、のんびり温泉を楽しむことができます。
また、施設内には大広間、休憩室、食堂などがあり、温泉でくつろいだ後は、家族や友人同士でおしゃべりや食事にゆっくり時間を費やせます。

詳細を見る

住所酒田市麓字緑沢29-8
TEL0234-64-2001
ホームページ詳細はこちら
営業時間6:00〜21:30
アクセスJR酒田駅から車で約25分
日本海東北自動車道 酒田みなとICから車で約15分

車で45分

6
十二滝
大小12の滝で構成される滝

大小12の滝から構成され、岩肌をつたって流れ落ちる白い水しぶきや緩急の変化ある水の流れが、滝ごとの表情をまったく違ったものにしています。
また、この美しい景観の全容を楽しむために、長さ28m、幅1.2mのつり橋があります。
鮮やかな赤色のつり橋は、清冽な流れを有する十二滝と周囲の緑の美しさをさらに引き立たせています。
駐車場から徒歩5分で滝に着きます。
冬期間は道路が除雪されていませんので、ご注意ください。

車で50分


ゴール

酒田駅到着、お疲れ様でした!




  • Copyright © 一般社団法人酒田観光物産協会. All Rights Reserved.