豪商と米蔵半日コース

約3時間

日本一の大地主と呼ばれた本間家の庭園や本邸、現在も米蔵として使われている山居倉庫を周遊します。
無料観光自転車での周遊もおすすめです。

本間氏別邸庭園(鶴舞園)
(本間家本邸)歴史を刻む武家屋敷
湊町・酒田のシンボル「山居倉庫」

スタート

酒田駅から徒歩7分

1
本間美術館
本間氏別邸庭園(鶴舞園)

文化10年(1813)本間家4代目の光道が、働く人々の幸福のためにおこした救済事業で完成した別荘で、日本の代表的庭園の一つである。昭和22年本間美術館として発足以来、古書、骨董、絵画等の美術品を陳列している。

詳細を見る

住所酒田市御成町7-7
TEL0234-24-4311 (本間美術館)
ホームページ詳細はこちら
営業時間9:00〜17:00(11月〜3月は16:30まで)
アクセス酒田駅より徒歩5分
庄内空港より酒田行バス終点庄交バスターミナル下車 徒歩1分

徒歩で15分

2
本間家旧本邸
(本間家本邸)歴史を刻む武家屋敷

明和5年(1768)、本間家3代光丘が藩主酒井家のため、幕府巡見使用宿舎として建造した、旗本二千石格式の長屋門構えの武家屋敷です。
その後拝領し、本間家代々の本邸として使用されたのち、昭和24年(1949)から昭和51年(1976)までは中央公民館、昭和57年(1982)からは観光施設として開邸公開しています。
また、道路を挟んである別館「お店(たな)」では、帳場や度量衡、行灯等の灯かり、台所用品などを展示しながらお土産品も販売しています。

※幕府巡見使…将軍の代替りごとに特派された役人
※書院造り…平安時代の公家住宅の寝殿造りを基とし、近世初頭に確立をみた武家住宅

詳細を見る

住所酒田市二番町12-13
TEL0234-22-3562
ホームページ詳細はこちら
営業時間9:30〜16:30
(11月〜2月は16:00まで)
アクセスJR酒田駅から車、るんるんバス(酒田駅大学線「二番町」下車)で約6分 
日本海東北自動車道 酒田ICから車で約15分

徒歩で15分

3
山居倉庫
湊町・酒田のシンボル「山居倉庫」

米どころ庄内のシンボル山居倉庫。
明治26年(1893)に建てられた米保管倉庫です。

米の積出港として賑わった酒田の歴史を今に伝え、NHK朝の連続テレビ小説「おしん」のロケーション舞台にもなりました。
白壁、土蔵づくり9棟からなる倉庫の米の収容能力は10,800トン(18万俵)。夏の高温防止のために背後にケヤキ並木を配し、内部の湿気防止には二重屋根にするなど、自然を利用した先人の知恵が生かされた低温倉庫として、現在も現役の農業倉庫です。

敷地内には酒田市観光物産館「酒田夢の倶楽」、庄内米歴史資料館が併設され観光客で賑わっています。

樹齢150年以上のケヤキ36本の連なるケヤキ並木の色合いは、季節とともに変わり見る人を魅了します。

※山居倉庫は『やまがた景観物語〜おすすめビューポイント33』に選ばれています。
詳しくは http://yamagata-keikanmonogatari.com/

※映画おしんの舞台となった山居倉庫
山居倉庫のほか、県内各地で撮影が行われました。
ロケ地マップをご覧になりながら、おしんの世界を堪能ください。
http://yamagatakanko.com/log/?l=334040

徒歩で25分


ゴール

酒田駅到着。お疲れ様でした。




  • Copyright © 一般社団法人酒田観光物産協会. All Rights Reserved.