鳥海山登山 鶴間池 日帰りコース

詳細

ブナ林の散策と池沢の清流を楽しもう!

野鳥のさえずりを聞きながら、鶴間池南岸からの眺めを堪能しよう!


花めぐり(5月上旬~中旬)

詳細

注連寺の七五三掛桜や本間美術館のつつじなど季節の花をお楽しみください

注連寺は標高の高いところにあるため雪解けが平地より遅れます。このため境内にある七五三掛桜は平地より開花が遅く、平地ではすっかり散った後も桜を楽しむことができます。また、水芭蕉も同じ頃に咲いています。釈迦堂の庭園は、樹齢200年を越えるソメイヨシノ、山桜、枝垂れ桜、ツツジ、モミジ林、ツバキ、ハギなど数多…


プチ巡礼の旅 湊町さかた寺町界隈

詳細

情緒あふれる街並に懐かしさを探してみませんか

古くからの湊町、商都として栄えた酒田では、多くの人々が「航海」の安全や「商売の繁盛」などを願い、
お寺さんやお宮さんに対する篤い信仰を持ってきました。
船主、豪商などの寄進により建築され、全国に誇るべき素晴らしい寺社建築物なども多く残り、
その多くが「寺町」と呼ばれる地区に集まっています。


花めぐり(夏)

詳細

力強く咲き誇る花々と夕陽に魅了される夏

山ユリが咲き誇る「山本坊」や、夏の花を代表するひまわりが一面に広がる「月山高原」。
日本海に沈む夕陽とともに夏の花めぐりをお楽しみください。


親子で学ぼう「庄内浜の魚」

詳細

加茂水族館で勉強をしてから、釣りを体験してみませんか?

鶴岡市立加茂水族山形県内唯一の水族館で、世界中の海や川からたくさんの生き物が集まっています。中でもクラゲの展示種類(35種類以上)は世界一を誇り、展示数でギネスに認定されております。由良海洋釣堀は道具不要、家族連れで気軽に釣りが楽しめます 。


映画「おくりびと」の舞台を訪ねて

詳細

感動の舞台のロケ地を訪ねてみませんか?

月光川河川敷では映画「おくりびと」の印象的シーンが撮影されました。大悟が旧朝日橋から鮭が遡上するのを見ているシーン、大悟が残雪の鳥海山をバックにチェロを弾くシーン、大悟が美香(広末涼子)に石文(いしぶみ)を渡すシーンなどなど。NKエージェントは元料亭「割烹小幡」ですが、「おくりびと」のロケ地となった…


「おくのほそ道」酒田コース

詳細

松尾芭蕉が酒田に入ったのは、6月13日(陽暦7月29日)夕刻でした。
赤川は現在黒森で日本海に注いでいますが、当時は最上川に合流していて、
鶴岡・酒田の間を往来する日通し船が運航されていました。
前泊地鶴岡の内川から赤川を下って、最上川を横切り、瑞賢蔵下の旅人用の桟橋から上陸したとされています。
そこか…


鳥海高原で猛禽類について学ぼう

詳細

鳥海山の麓、標高500mの高原で大自然を満喫してみませんか?

猛禽類保護センター(愛称:鳥海イヌワシみらい館)は、山形県、秋田県にまたがる約28,000haの鳥海国定公園内山形県側の鳥海山南麓にあります。 付近はイヌワシの生息地として知られています。


庄内の名建築を巡る旅

詳細

庄内に残る歴史的建造物を巡る旅

本間美術館は文化10年(1813年)に建築され、名勝「鶴舞園」をはさんで本館と新館(昭和43年竣工)があります。本館は清遠閣と称され、藩政時代は庄内藩主や幕府要人を、明治以後は皇族や政府高官、文人墨客を接待する酒田の迎賓館の役割を果たし、大正14年には昭和天皇のお宿にもなりました。 国宝羽黒山五重塔は羽黒山参…


花めぐり(5月中旬~下旬)

詳細

花の寺とよばれる玉川寺や花が彩る砂山公園などをお楽しみください。

別名「花の寺」とも呼ばれる国の名勝玉川寺は九輪草やツツジ、カエデなど多彩な草花が咲き誇ることで有名です。総光寺は 本堂の裏に蓬莱園と呼ばれる庭園があり、池、泉、築山を配し、遠く峰の薬師を望み、滝を落として禅宗の寺にふさわしい静寂の美を漂わせ、国の名勝にも指定されています。眺海の森は県民の森として親し…



  • Copyright © 一般社団法人酒田観光物産協会. All Rights Reserved.