山居倉庫
さんきょそうこ

湊町・酒田のシンボル「山居倉庫」


米どころ庄内のシンボル山居倉庫。
明治26年(1893)に建てられた米保管倉庫です。

米の積出港として賑わった酒田の歴史を今に伝え、NHK朝の連続テレビ小説「おしん」のロケーション舞台にもなりました。
白壁、土蔵づくり9棟からなる倉庫の米の収容能力は10,800トン(18万俵)。夏の高温防止のために背後にケヤキ並木を配し、内部の湿気防止には二重屋根にするなど、自然を利用した先人の知恵が生かされた低温倉庫として、現在も現役の農業倉庫です。

敷地内には酒田市観光物産館「酒田夢の倶楽」、庄内米歴史資料館が併設され観光客で賑わっています。

樹齢150年以上のケヤキ36本の連なるケヤキ並木の色合いは、季節とともに変わり見る人を魅了します。

※山居倉庫は『やまがた景観物語〜おすすめビューポイント33』に選ばれています。
詳しくは http://yamagata-keikanmonogatari.com/

※映画おしんの舞台となった山居倉庫
山居倉庫のほか、県内各地で撮影が行われました。
ロケ地マップをご覧になりながら、おしんの世界を堪能ください。
http://yamagatakanko.com/log/?l=334040

DATA

住所酒田市山居町1-1-20
TEL0234-24-2233 (酒田観光物産協会)
定休酒田夢の倶楽は1月1日
駐車場普通車 27台
大型 3台
アクセスJR酒田駅から車で約5分
日本海東北自動車道 酒田ICから車で約15分
備考紅葉の見頃 10月下旬
その他ライトアップ 日没から午後10時
※但し山居倉庫敷地内は倉庫の安全管理のため通行止め
(JA全農より)
関連資料 山居倉庫チラシはこちら




  • Copyright © 一般社団法人酒田観光物産協会. All Rights Reserved.